NDIRとは非分散型赤外線吸収法のことであり、センサー用ランプから発せられた赤外線が、ガスを充填した容器中を通過する際に、ガス分子により吸収される性質を利用した方法です。
赤外線はガス中を通過しなければ吸収はされませんので、この二つを比較することによって測定を行います。
吸収される赤外線の波長は充填されたガスの成分によって異なりますので、その波長と吸収量から、そのような種類のガスがどれだけ容器中に存在しているのかがわかります。

NDIRとNDIRセンサー用ランプ

NDIRとNDIRセンサー用ランプ NDIRを用いたセンサーは一般的に、酸化炭素である一酸化炭素や二酸化炭素の量を検知するのに用いられています。
検出の精度が求められるため、様々な工夫が施されています。
光源となるセンサー用ランプのフィラメント位置の精度の高さや、起動後の応答速度が速いこと、安定して赤外線の放射ができることが要求されます。
また受光するセンサーも、温度などの諸条件の外的要因に影響されない安定した検出が必要となります。
検出するガスを収納する容器の精度も安定した測定には欠かせません。
センサー用ランプと受光センサーと容器それぞれが必要不可欠な要素となっています。
製造する会社には、どのような環境下においても安定して測定ができるNDIRを用いたガス検出器を、安価で継続して生産できる能力が求められます。

NDIR分光法を活用したガスセンサー回路について

NDIR分光法を活用したガスセンサー回路について NDIRはガスの検出や酸化炭素の濃度測定に使用されている方法です。
NDIR光センサーランプは一般的な光とは異なり、フィラメント位置精度の高さと赤外線量の応答の速度や安定性によって変わってくることになります。
これらを活用したアプリケーションとしてはフィルタで処理された赤外線を直列に接続された接点に対して照射されるのです。
ここで接点が加熱されると熱に対して発生する小さな電圧が起こりますが、これを基準接点の温度をサーミスタで測定します。
ほとんどのガスは永久的に正と負の電圧を分離するのですが、特定の周波数成分を吸収するのです。
NDIRに代表される光に応じたガス濃度を測定する方式には検出感度を向上させることが必要なのです。
これらの技術は医療や環境測定、各種の試験に用いられることになり、ガス検出装置として活用されることになります。
例えば自動車の排気ガスはもちろん、工場から出るガスや生ゴミ、ペットの臭いの検出に利用されています。
ガス検出の方式には小型で生産性が高いものであるが安定性にかけていることがあります。
NDIRは様々なガスに対応することができ、感度がよく長期間安定して動作するという利点があります。

NDIR情報サイト

NDIR

新着情報

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス センサー」
に関連するツイート
Twitter

ガスコンロはやはり業務用が一番。 あと家庭用コンロのSiセンサー義務化、そろそろ選択式にしてくれませんかね?鉄鍋の空焼きができないし。

TwitterYakan@コミケ??@GUALAOLA

返信 リツイート 7:58

ガス中のばいじん濃度を計測する弊社のダストモニターは、静電誘導を利用した非接触検出方式!センサにダストが付着しても影響を受けずメンテナンスフリーです♪

最初、玄関はセンサー電球で良いかと思ってたんだけど、むしろ常夜灯的に暗く点いていると便利だし、センサー電球はトイレに向いてる。 ガスファンヒーターを使ってると、一定時間ごとに換気扇回したいんだけど、それを声+自動化できるのは大きい。

Twitter髭伯爵(ぬ)@Lord_HIGE

返信 リツイート 7:13

返信先:@Alice_bey_PPP 交換するしかないっす😳あのマフラーじゃなりますよw燃費悪くなるのと排ガスいつもより臭く感じるならO2センサーで当たりっすな🤭

返信先:@f_n_s_6033_3195 だめだ バルクという単語に反応してしまう バルクオムとはいったいなんでしょうか? 2467バルクホールディングスではなさそうですね😱 四季報で内容いいんでまたみてください 最新ガスセンサのセキュリティの600%なんです

TwitterK@2467バルクHD応援中@K24822042

返信 リツイート 昨日 22:32

スプレーに使われていたガスは液化プロパンではなくジメチルエーテルだったとのことだが、もし湯沸かし器のガス検知器が誤報防止のため使用ガスへの特異性が高いセンサを使っているなら、用途外の可燃性揮発物を扱うときも何かまずければ鳴るだろうと過信するのは危ないかも。 headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?…

Twitterしんじ@理科実験あそびプロジェクト復興のためお仕事承り中@oekakimaestro

返信 リツイート 昨日 18:11

ということでプラスチックや段ボールで箱作りガス透過性の低いフイルムで内張りして二酸化炭素自動供給機と周囲への漏れセンサーつけたらイニシャルコストもランニングコストも格安で環境にも優しいエコな食品保存装置量産できます

Twitterakibaryu(メールのプロ黒川)@akibaryu

返信 リツイート 昨日 17:02

カセットボンベって冷えると中の気圧低くなってガスが出にくくなるんだよね。自分の場合ぬるめのお湯に入れたりして温めるんだけどカセットボンベ用のウォーマーとかあればいいと思う。缶に巻いて温めて温度センサー付きて40度以上加熱しないような仕組みで。

札幌の爆発事故原因となったスプレー缶の工場では、ガスを検知するセンサーとかついてるんじゃないかな。 そして、今回の事件をきっかけにご家庭の火災報知にそのセンサーとか搭載されることになると予想して、センサーメーカー調べて株買う人いるんだろーなー。 そんなセンサーあるか知らんけど。

アパマン ダイナマン騒動 やっぱ ガス漏れ感知センサー つけとかなアカンね