NDIRの背景

NDIRの背景 NDIRは被分散型赤外線吸収法という手法で、気体の成分や濃度などを測定する技術です。
気体には、それぞれ特定の波長の赤外線を吸収するという性質があります。
気体を閉じ込めた管の一方の端に赤外線を放射するランプを設置し、反対の端に赤外線を検知するセンサーを配置して、ランプから放射された赤外線が管内の気体を通る間に吸収された波長はセンサーには到達しないため、到達した赤外線の波長を調べることの管内の気体の成分や濃度を測定することができます。
このNDIRの原理は以前に発見されていたのですが、最近は次のような背景から特に注目を集めるようになりました。
地球温暖化の問題で二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの増加が地球環境の変化に大きな影響を与えていることや、自動車などの走行車両から出される排気ガス中の窒素酸化物が酸性雨の原因となっていることなど、産業や生活において排出される気体を制御することが求められるようになり、そのために気体の成分や濃度を測るNDIRの技術が注目されるようになりました。
また、製造技術の進歩により、装置の小型化や測定の精密化が以前より安価にできるようになったことも背景の一つとしてあります。

赤外線の発見で誕生したNDIRによるガス濃度計測

赤外線の発見で誕生したNDIRによるガス濃度計測 NDIRとは「Non Dispersive InfraRed」の略で日本語では非分散型赤外吸収となります。
非分散型ということは分散型があるのかと言えば、それはあります。
分散型の方が先に登場するのですが、今から70年程前には非分散型が登場しました。
当時、非分散型にすることによって小型化が出来、扱いやすくなったということでそちらの方も発達していきました。
ところで赤外線と言えば太陽光にも含まれるものですが、可視光線の赤色の波長よりも長くなり人間の目では見ることが出来ません。
しかし見えないものをどうやって発見したのか不思議です。
それゆえに現代に近い頃だったのではと思うかもしれません。
実は赤外線を発見したのは、なんと今から200年程も前の1800年のことなのです。
日本で言えば江戸時代の後期頃です。
ちなみに明治元年は1868年なので、それほど現代に近いということでもありません。
見つけたのはイギリスの天文学者で、太陽光をプリズムで虹色に分けた時に色のない部分、つまり赤の外側に温度計をかざすという実験をしたところ温度が上昇したため、見えない光があることを見つけたのです。
さてNDIRは赤外線を使って二酸化炭素などのガス濃度の計測に使われます。
そのガスが赤外線を吸収する性質をもっているため吸収量を得ることで濃度が分かるのです。
もし赤外線を見つけていなければこういった方法も誕生しなかったはずです。

新着情報

◎2019/5/24

NDIRでガスを検知
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

NDIRの汎用性
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの重要性
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス 測定」
に関連するツイート
Twitter

でもわたしの食べる量を考えたらこれでも代謝はかなり良い😇 大学生時代に呼気ガス分析を用いた基礎代謝量の測定で出した結果、一般の男子平均より上だった😇 かなり代謝がいいから食べる量が普通の女性並になれば痩せると思うけどそれが難しい🤣

Twitterさきみき®︎*1y3m@skdnld

返信 リツイート 0:50

出願日:2017-12-27 出願人:富士電機株式会社 名称:ガス分析装置 要約:【課題】ガス分析装置において、干渉ノイズを低減する。 【解決手段】被測定ガス中に含まれる成分を分析するガス分析装置であって、被測定ガスにレーザー光を照射する発光部と、被測定ガスを通過し.. chizai-watch.com/p/2019117147 pic.twitter.com/KHEmTEWqsa

Twitter特許ウォッチbot@ptent365

返信 リツイート 昨日 18:50

ガス測定器 新たに加わった最新機器。 エントラントの皆様は触媒のついた クリーンな排ガスを排出するC車両おねがいします。

今日と、明日の2日間、北九州市内の西部ガス各店舗で 「サマーフェア」開催してまぁす💖 saibugas.co.jp/home/event/pic… お近くの店舗に是非 起こしくださぁい♬ 下村は八幡東区中央町店で、血管年齢測定してます‼️ (^O^)

エチレンガス測定【F-900】 野外や研究室で使いやすいコンパクトなパッケージで、リアルタイムに正確なエチレンガスの濃度測定が可能です。<ナモト貿易計測機器事業部 namoto.com/natural/n_Ethy…

いぶき「温室効果ガス観測技術衛星いぶき…。京都議定書での地球の温室効果ガスの濃度測定、CO2吸収、排出量の推定誤差の半減、気候観測、あとは後輩の為に技術立証するのが仕事…です。小さい子達と2009年1月23日に打ち上げられました…。あの、もういい…?」

Twitterひだまり荘宇宙機bot@2f_orbiter_bot

返信 リツイート 昨日 4:22

ガス測定器 新たに加わった最新機器。 エントラントの皆様は触媒のついた クリーンな排ガスを排出するC車両おねがいします。

血中ガス検査を除いては、塩素レベルを測定することはまれっぽい? [電解質]

Twitter電気系に進んだっぽい夕立bot@eeic_poi

返信 リツイート 7/19(金) 12:20

ガス測定器 新たに加わった最新機器。 エントラントの皆様は触媒のついた クリーンな排ガスを排出するC車両おねがいします。

返信先:@nrg34331 やっぱりおかしいよね、元から考え方を変えないと  ↓  放射性微粒子のガスは地上からほぼ均一に存在していると仮定  それで、勝手に空間線量値の測定を、土壌汚染の影響・値を減らすため地上1M以上に事故後取り決めた  β線などは体内に入ると周囲の細胞を殺すが、空間では飛ばないため せこい!