NDIRの背景

NDIRの背景 NDIRは被分散型赤外線吸収法という手法で、気体の成分や濃度などを測定する技術です。
気体には、それぞれ特定の波長の赤外線を吸収するという性質があります。
気体を閉じ込めた管の一方の端に赤外線を放射するランプを設置し、反対の端に赤外線を検知するセンサーを配置して、ランプから放射された赤外線が管内の気体を通る間に吸収された波長はセンサーには到達しないため、到達した赤外線の波長を調べることの管内の気体の成分や濃度を測定することができます。
このNDIRの原理は以前に発見されていたのですが、最近は次のような背景から特に注目を集めるようになりました。
地球温暖化の問題で二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの増加が地球環境の変化に大きな影響を与えていることや、自動車などの走行車両から出される排気ガス中の窒素酸化物が酸性雨の原因となっていることなど、産業や生活において排出される気体を制御することが求められるようになり、そのために気体の成分や濃度を測るNDIRの技術が注目されるようになりました。
また、製造技術の進歩により、装置の小型化や測定の精密化が以前より安価にできるようになったことも背景の一つとしてあります。

赤外線の発見で誕生したNDIRによるガス濃度計測

赤外線の発見で誕生したNDIRによるガス濃度計測 NDIRとは「Non Dispersive InfraRed」の略で日本語では非分散型赤外吸収となります。
非分散型ということは分散型があるのかと言えば、それはあります。
分散型の方が先に登場するのですが、今から70年程前には非分散型が登場しました。
当時、非分散型にすることによって小型化が出来、扱いやすくなったということでそちらの方も発達していきました。
ところで赤外線と言えば太陽光にも含まれるものですが、可視光線の赤色の波長よりも長くなり人間の目では見ることが出来ません。
しかし見えないものをどうやって発見したのか不思議です。
それゆえに現代に近い頃だったのではと思うかもしれません。
実は赤外線を発見したのは、なんと今から200年程も前の1800年のことなのです。
日本で言えば江戸時代の後期頃です。
ちなみに明治元年は1868年なので、それほど現代に近いということでもありません。
見つけたのはイギリスの天文学者で、太陽光をプリズムで虹色に分けた時に色のない部分、つまり赤の外側に温度計をかざすという実験をしたところ温度が上昇したため、見えない光があることを見つけたのです。
さてNDIRは赤外線を使って二酸化炭素などのガス濃度の計測に使われます。
そのガスが赤外線を吸収する性質をもっているため吸収量を得ることで濃度が分かるのです。
もし赤外線を見つけていなければこういった方法も誕生しなかったはずです。

新着情報

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス 測定」
に関連するツイート
Twitter

そういや去年行った現場、市内から集められたスプレー缶を穴空けた後潰して小さくする機械の設備を収める工事だったけど、常に換気ファン2台運転でデジカメとかも静電気が発生して発火源になるからやめろ言われたな 最初の頃、ガス濃度測定するやつが90%まで上がってるのに気付かず入ってた

ガス測定器 新たに加わった最新機器。 エントラントの皆様は触媒のついた クリーンな排ガスを排出するC車両おねがいします。

環境中に放出された放射性物質は、核種の化学形に応じてガス態や粒子態に姿を変え、それぞれ特有の挙動を示す。放射線の測定は外部被曝の単純な目安にはなるかもしれないが、出元の放射性物質を定量する事と同義ではない事には留意する必要があると思う。また、α線、β線の検出・測定は存外難しい。

Twitter反逆者前衛党/衡涕社bot@zenneitou_bot

返信 リツイート 1:41

新燃岳周辺の火山ガス(二酸化いおう)測定結果 city-kirishima.jp/kankyo/kurashi…

>異常気象の数値予測や集中豪雨の予測精度向上、有害ガスの飛散分析などさまざまな効果が期待できる もちろん測定誤差定量化して同化実験した上で言ってるんですよね(´・ω・`)? newswitch.jp/p/15695

安静時エネルギー消費量(REE)は、間接熱量測定計を用いて酸素消費量と炭酸ガス生産量を測定して算出するんだ。

ガス測定器 新たに加わった最新機器。 エントラントの皆様は触媒のついた クリーンな排ガスを排出するC車両おねがいします。

モニタ機器価値 回路離脱=EtCO2、換気量計、聴診器 低換気=換気量計画 食道挿菅=EtCO2 低酸素混合ガス=酸素濃度計 麻酔ガス過剰濃度=麻酔ガス濃度計 ハイポボレーミア=自動血圧計 悪性高熱=EtCO2 不整脈=心電図 観血動脈圧測定穿刺=橈骨、足背 CI=心機能モニター

夫「ヘリウムガスを吸いたい … 少しくらい浮くかな。」 (間もなく体重測定)

自然科学部門では、光合成測定、LED照明システム、エチレンガス測定、ポリフェノール測定といった植物光学的計測のための機器を多数取り扱っております<ナモト貿易 計測機器事業部 namoto.com/natural/natura…