NDIRの背景

NDIRの背景 NDIRは被分散型赤外線吸収法という手法で、気体の成分や濃度などを測定する技術です。
気体には、それぞれ特定の波長の赤外線を吸収するという性質があります。
気体を閉じ込めた管の一方の端に赤外線を放射するランプを設置し、反対の端に赤外線を検知するセンサーを配置して、ランプから放射された赤外線が管内の気体を通る間に吸収された波長はセンサーには到達しないため、到達した赤外線の波長を調べることの管内の気体の成分や濃度を測定することができます。
このNDIRの原理は以前に発見されていたのですが、最近は次のような背景から特に注目を集めるようになりました。
地球温暖化の問題で二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの増加が地球環境の変化に大きな影響を与えていることや、自動車などの走行車両から出される排気ガス中の窒素酸化物が酸性雨の原因となっていることなど、産業や生活において排出される気体を制御することが求められるようになり、そのために気体の成分や濃度を測るNDIRの技術が注目されるようになりました。
また、製造技術の進歩により、装置の小型化や測定の精密化が以前より安価にできるようになったことも背景の一つとしてあります。

赤外線の発見で誕生したNDIRによるガス濃度計測

赤外線の発見で誕生したNDIRによるガス濃度計測 NDIRとは「Non Dispersive InfraRed」の略で日本語では非分散型赤外吸収となります。
非分散型ということは分散型があるのかと言えば、それはあります。
分散型の方が先に登場するのですが、今から70年程前には非分散型が登場しました。
当時、非分散型にすることによって小型化が出来、扱いやすくなったということでそちらの方も発達していきました。
ところで赤外線と言えば太陽光にも含まれるものですが、可視光線の赤色の波長よりも長くなり人間の目では見ることが出来ません。
しかし見えないものをどうやって発見したのか不思議です。
それゆえに現代に近い頃だったのではと思うかもしれません。
実は赤外線を発見したのは、なんと今から200年程も前の1800年のことなのです。
日本で言えば江戸時代の後期頃です。
ちなみに明治元年は1868年なので、それほど現代に近いということでもありません。
見つけたのはイギリスの天文学者で、太陽光をプリズムで虹色に分けた時に色のない部分、つまり赤の外側に温度計をかざすという実験をしたところ温度が上昇したため、見えない光があることを見つけたのです。
さてNDIRは赤外線を使って二酸化炭素などのガス濃度の計測に使われます。
そのガスが赤外線を吸収する性質をもっているため吸収量を得ることで濃度が分かるのです。
もし赤外線を見つけていなければこういった方法も誕生しなかったはずです。

新着情報

◎2019/3/4

NDIRの汎用性
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの重要性
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス 測定」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@erehtona 測定1のグラフ 測定2の導管別のP-tグラフ 測定3のガスリークのグラフ だけって感じか?

ガス測定器 新たに加わった最新機器。 エントラントの皆様は触媒のついた クリーンな排ガスを排出するC車両おねがいします。

測定された磁場の強さは350Gauss、これはプラズマのガス圧力を磁気圧で支えるのに必要な磁場150Gaussをこえている #太陽雑誌会

ガス測定器 新たに加わった最新機器。 エントラントの皆様は触媒のついた クリーンな排ガスを排出するC車両おねがいします。

★硫化水素計を『今すぐに』使いたい方へ★ 「拡散式硫化水素測定器GHS-8AT」のレンタルを承っております! ・硫化水素ガスの連続モニタリングが簡単! ・下水道施設の腐食・悪臭対策に利用されています! 弊社は『当日出荷』が可能です! HPでお気軽にお問い合わせください♪ measuring.jp/yuu/yuu04/yuu0…

Twitter株式会社メジャー<測定器 レンタル>@measuring_rent

返信 リツイート 昨日 9:04

返信先:@fuck_kani_HS 身体測定のやつは明日だった様な希ガス…(間違ってたらごめん🙏)

ガス測定器 新たに加わった最新機器。 エントラントの皆様は触媒のついた クリーンな排ガスを排出するC車両おねがいします。

血液ガス分析で、直接測定せず計算で求める項目はどれか?

返信先:@saboricco 睡眠外来にご相談したところ、逆流性食道炎によって発生したガスで呼吸が出来なくなること・睡眠時無呼吸の気配もある(酸素濃度測定)ことが要素としてある、と言われておりまして、まずは食道炎の治療をしております。ご心配ありがとうございます!

(memo)火山ガスを専門に研究している学者は、なんとかして噴火中の火口近くで新鮮な高温ガスを採取してみたいものだと願っていますが、大変危険なので実際の測定例はあまり多くありません。測定中に突発的な噴火で亡くなった火山学者もたくさんいます。