NDIRの価格

NDIRの価格 NDIRの価格は4千円台から2万円弱ぐらいが平均的な価格です。
アナログ(DAC)およびPWM波形出力による安価な製品の場合、ネット通販でも購入することが出来、4千円台で購入することが可能です。
基板タイプのものであれば数千円で購入することが出来ますので、自分で取り付けることが出来るのであればこうした製品を利用されてもよいでしょう。
電圧は0.4Vから2V程度で、様々な設備に対応することが出来ますので、暖房や冷凍設備、大気のモニタリング装置、スマートホームなどに取り付けることが出来るでしょう。
NDIRのメータータイプのものだと、少し高くなり5万円台から6万円台で購入することが出来ます。
タイプスタンプ付きなのでデーター集計をする機能がついているので、統計を取りたいという目的で使用されるとよいです。
NDIRには様々な製品があり、フロンガス検知器など用途に合わせて選ばれるとよいです。
フロンガス検知器タイプのNDIRの場合だと7万円ぐらいが相場です。

ガスをNDIRを使用して測定する方法は?

ガスをNDIRを使用して測定する方法は? 標準的なガスは基本的に空気中の気体で作られるケースが多くあります。
現在では、地球温暖化の影響などで、無駄なエネルギーを排出しないような工夫や取り組みが盛んに行われるようになったので、現代社会で二酸化炭素がガス製造に使われることは少なくなりました。
そのようなガスを測定する方法として、一般的にNDIRが活用されています。
NDIRの方法で、二酸化炭素と他の空気中の物質との違いを発見することが可能です。
最近では、窒素で製造した二酸化炭素と空気中の気体で製造した二酸化炭素との相違点を研究する流れが確立されています。
その相違点は、気体中の吸収線の幅にあると言われます。
この幅は分子の度合いやぶつかり方、電気的な影響によって異なっています。
吸収線が広がるということは、一番高い吸収におけるピークが少なくなることを意味しています。
そのように、ガスがどのような物質を基本としているかを学ぶことは、生活する上で大切です。

新着情報

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス 物質」
に関連するツイート
Twitter

ガスクロマトグラフィー】難揮発性物質をGCで確認する場合、トリメチルシリル(TMS)化などの誘導体化が必要である。(100-205実)単糖を定量する際、沸点を下げるため、アセチル誘導体あるいはトリメチルシリル誘導体にする。(80-138)

ガスは化学的に安定です。しかし、ほかの物質とまったく結合しないわけでもありません。1962年に酸素分子のイオン化に必要なエネルギーとキセノンを陽イオンにするエネルギーがほぼ等しいことを利用してヘキサフルオロ白金酸キセノンが生成されました。これが化学史初の希ガス化合物生成例です。

Twitter一関高専化学部@inctkagakubu

返信 リツイート 40分前

植物体内でつくられて、各器官に作用する化学物質を植物ホルモンというよ。そのうち、気体のホルモンはエチレン。エチレンが発生するガス等の近くの街路樹の落葉が早かったことから、発見されたんだって。

【☆*゚便秘と肌荒れの関係☆*゚】便秘の時は、自律神経の調子が崩れている場合が多い。これが、皮膚にも影響してしまうと言われている。また、便秘になると、便が腸内に滞留→ガスの発生→有害物質が腸壁から吸収→それらが血液によって体内を循環。この流れがニキビや肌荒れに繋がってしまいます

可燃性ガス「DME」... 一体どんなやばい物質なんだ... pic.twitter.com/icjupBMSzb

RT @muyosimuyo: 黒岩知事 ~町の中に買い物に行くときはガスマスクのようなものを着けて行くと~県営住宅 にお住まいになるということ自体が、私は非常に危険であるというふうに思っているとこ~(文書) あれ、知事、専門医の看護師さん県営住宅に住んでいる化学物質過敏症の…

噴火によって噴出した火山ガスを中心とする気体に火山灰などの固体物質が混ざったものが流れる現象を火砕サージと言うんだよ。火砕流と似ているんだけれど、気体がメインだから小さな地形を乗り越えて襲ってくることがあるんだよね。高温の場合はとても危険なんだよ。

Twitter火山たん/地学系Vtuber@volcano_tan

返信 リツイート 8:09

圧縮アセチレンガス、液化石油ガスその他の火災予防又は消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある物質で政令で定めるものを貯蔵し、又は取り扱う者は、あらかじめ、その旨を所轄消防長又は消防署長に届け出なければならない。

Twitter消防法bot(非公式)@shobo_ho_bot

返信 リツイート 6:59

そもそもなんでスプレー缶のガスにわざわざ可燃性ガスを使ってるんだろうかと疑問に思ってたけど、最初から最後まで安定した圧力を稼ぐためには常温で圧縮したら液体になってくれる都合のいい物質が必要で、なおかつ吸っても人体に影響がないものというと可燃性ガスしかないというのが理由らしい

Twitterれいしすれいかガヴドロ@LeisysLeica

返信 リツイート 6:58

「ガソリンと同じ…」爆発の原因として浮上した“スプレー缶”その知られざる危険性 - FNNプライムオンライン fnn.jp/posts/00401950… #FNN >スプレー缶にジメチルエーテル >可燃性のガスの一種であり、危険性が高い物質 >引火点はマイナス41.1度とガソリンとほぼ同じ危険性