さまざまなガスの検出

さまざまなガスの検出 一般的にあまり耳慣れないNDIRという言葉は、英語のNon Dispersive Infraredの略称であり、日本語に直訳すると非分散型赤外線吸収となります。これはその名の示す通りで、赤外線をガスにあてることで特定の波長を吸収する性質を利用して、空気中に存在しているさまざまな気体を検出するための装置に使用されています。

そんなNDIRですが、地球温暖化の原因となる二酸化炭素など、現代の社会的環境問題に役立つとして大きな注目を集めています。たとえば赤外線を利用していることから、稼働のための電力消費も少ないので、環境に優しいというメリットもありますし、当然ですが環境にとって有害となる気体の検出が可能です。それゆえに身近なところでは自動車の排気ガスの測定のために利用されていたり、他にもアルコールの呼気検知や火災検知などにも役立っています。さらには二酸化炭素以外にも中毒性の高い一酸化炭素なども検出可能なことから、炭酸飲料工場や自動車および機械製造工場、化学研究所といったところでも設置されているケースも増加傾向にあります。

二酸化炭素濃度を計測できるNDIRセンサー

二酸化炭素濃度を計測できるNDIRセンサー 農作物を育てる際、作物の種類によってはビニールハウスを必ず使っている農家は多いのではないでしょうか。また植物工場といった屋内で野菜などを育てている企業もあると思います。そういった場所で育てる場合、気をつけなければならないことがあります。植物は生き物なので呼吸をしており、光合成の際は二酸化炭素を取り入れ酸素を出しています。そのため気密性のある場所では、次第に外気の成分の割合と差が生じてきます。

そのままにしておくと作物の育ち具合に影響するため、時には調整が必要です。それにはNDIRセンサーが役立ちます。NDIRとは、二酸化炭素の濃度を測ることができる技術です。これをビニールハウスや植物工場に設置しておけば、濃度がどのようになっているかを数値で正確に知ることが出来、必要に応じて換気を行うなど適切な処置をすることが可能です。空気の成分は無色透明であるため目視しただけでは割合の変化に気付くことが出来ません。作物にとってベストな環境を整え、より多くの収穫へと繋げることが出来るNDIRセンサーは、気密性のある場所ではもはや必須アイテムではないでしょうか。

新着情報

◎2019/9/25

さまざまなガスの検出
の情報を更新しました。

◎2019/5/24

NDIRでガスを検知
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

NDIRの汎用性
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRの重要性
の情報を更新しました。

◎2018/11/9

サイト公開しました

「ガス 濃度」
に関連するツイート
Twitter

塩素ガス中毒の症状(濃度薄い→濃い)…臭気を感じる→眼・呼吸器の刺激症状→喀血・肺水腫→瞬時にチアノーゼ・喉頭痙攣などを起こし致死的

返信先:@BDL3156 (…気体濃度の変化を確認。) ガンッ!シュウウウウウ… 近くにあるガスボンベを破壊しました…とミサカは報告します。

返信先:@takanadu まあ、オゾンを水分と反応させると最終的に酸素と水になるだろうから、濃度が高くなければいいのか…いやでもなんとなく気持ち悪い… 騙される方々は、肺が行ってることと、医療用オゾンガスを曝露させて血を浄化()する事が同じ結果を招くとは知らないのだろうよ…理科、大事…

Twitterスズキ@Living Dead@kei1125_

返信 リツイート 1:14

オゾンをインフラに使ってる端くれなのだが、オゾンは薬みたいに濃度や状態を管理しないと効果出ないorボロボロにするよ。 オゾンの力は酸化力。酸化させる力が酸素より強くて活性酸素の一種。活性酸素は老化物質だよね…?結合強すぎて血液のガス交換機能も阻害とかないのか心配。

"mass starvation" = 大量飢餓 緑の革命で数百万人が飢餓から救われた。 大気中の二酸化炭素CO2炭酸ガス濃度が280ppmから400ppmに増えた結果、より少ない呼吸で光合成が可能になった効果も大きい! twitter.com/nobelprize/sta…

『工場の排水をためる調整池を市が調べたところ、排出基準の46倍に当たる濃度のシアン化ナトリウムを検出した。シアン化ナトリウムは金属のメッキなどに広く用いられている。口に入れたりガスを吸い込んだりすると呼吸困難やめまいを引き起こし、数秒で死亡することもある』 this.kiji.is/55719876917510…

メタンは二酸化炭素(約400ppm)に比べて濃度は低いが温暖化ガスとしての強さは約100倍。 その濃度は過去何十万年もの間、氷期と間氷期のサイクルで上下してきたが、その幅はだいたい 400-700ppbで、2000ppbはまさに未曾有のこと(図参照)。産業革命以前のレベルの3倍に迫ろうとしている。 pic.twitter.com/fvjrQ5tQFj

返信先:@motorman0119 酸素濃度が高くなったら肺胞でガス交換がおこらないだけでは?

返信先:@YS_GPCR オゾン水を抗腫瘍療法として使うのは有効という説があるそうなのです。で、低濃度のオゾンガスと血液を反応させると赤血球にダメージは無く、つまるとこ単に血流が良くなるというのが作用機序らしいです。だったらお風呂にでも入ったほうが安全でコスパがいいと思ったりします。

返信先:@tanakh 本物のオゾンではなく単に酸素濃度を高めただけの空気(それでも腸壁にとっては異常な環境)か、容器だけそれっぽい無害なガスを使用していると推測します。